プラレール – Uターンレールで長い路線を作る


P1000067

プラレールを始めた家族は、まずは電車とレールのセットを購入されると思います。しかし、セットは周回レイアウトがほとんどなので、すぐに飽きてしまいます。

そこで、別売のレールを買い足すことになるのですが、一番最初にお勧めするレールが「Uターンレール」です。

●単線で長距離を往復!

Uターンレールをうまく利用すると、単線ですが少ないレールで長い路線をつくることができます。

P1000060

Uターンレールを二つと、単線・複線ポイントレール1/4直線レールを購入して組み合わせると、単線往復レイアウトが完成します。1/4直線レールがないと、レールがうまく閉じないので注意が必要です。

P1000063 P1000062

さらに路線を長くしたい時は、2倍直線レール2倍曲線レールも合わせて購入すると良いでしょう。

●部屋をまたいだレイアウトも可能

P1000056 P1000058 P1000057 P1000059

我が家で作ったのはこんな感じ。部屋を飛び出して、廊下を通って居間まで続く長距離路線が完成しました。

P1000068

N700系の車両を走らせてみると、Uターンレールをうまくクリアしています。素晴らしい!

同じ周回コースをグルグル回るよりは、路線を長くして走らせた方がロマンを感じます。

スポンサーリンク

最終更新日:2012.11.9| プラレールレイアウト

» プラレールレイアウト

サイト内検索
サイトマップ
コミュニティ